記事の詳細

ゼログラム エルチャルテンのテントが身近に!

アウトドア好きの中では有名なゼログラム。

そのゼログラムが、ブランドの世界観を体験できる展示販売スペース「ZEROGRAM Showroom」を12月14日(金)に東京都港区に正式オープンします。

ショールームでは、人気のテントやタープのほか、シュラフ・ウェアなどいろんなアウトドアグッズが見れます。

本当に、ネットでもテントは人気でなかなか手に入らなかったのですから、これは本当にうれしいニュースですよね!!

 

このゼログラムがなぜここまで人気なのかは見た通りのデザインの格好良さ

私も一目見たとき、ほれぼれしましたw

でも、結構こういうデザイン性重視のものって機能性に欠けるというか、どこか使いづらいイメージがあったんですけど、このゼログラムは1人用から4人用が主に販売されてますけど、その安定性と頑丈なことは、周知の事実。

「coleman」「logos」「DOD」とか有名なメーカーがそろってますけど、ゼログラムは軽い!

1kgしないものからあり、2kgまでもしないものがほとんどで、手軽にキャンプに向かうことができるのも特徴ではないでしょうか^^




ゼログラムのアウトドアグッズは少し高め?

夏場のプールなどでは最近、テントを張っている風景をよく目にします。

確かに、「日よけ」という部分だけ考えれば、そこまでこだわらなくてもいいと思います。

でもキャンプに行くなど、持ち運ぶことが多かったり、日除けはもちろんのこと、重量や機能性で考えるとやはりこだわるべきところもあると思います。

今は、すべて準備されているキャンプ(グランピング)というものが流行ってますけど、あれは惚れるや旅館に宿泊するのと同じだと私は感じますけどね・・^^;

やはりキャンプというのは、自然の中で自分たちで準備からすべて行うのが醍醐味だと感じるんですけどねw

 

このゼログラムの人気シリーズのエルチャルテンは、機能性も優れ、本当に格好いいんです。

いろんなタイプもありますが、それぞれに目的に応じて作られていて、ご自身の目的に応じて求められるのもうれしい点です。

 

ただ・・ひとつデメリットになるといえば、価格が高い^^;

いいものは高いのは当然かもしれないですけど、ホームセンターなどで買えるものと比べると雲泥の差。もちろん素晴らしい商品なので当然と言えば当然ですけど、ここは私などの庶民はやはり考えてしまうところですねw




ゼログラムの評判は?使用者の感想

やっぱりゼログラムの魅力は、優れたデザインが圧倒的に多いですね。

中には、ライトをつけれるポイントだったり、フロアマットなどもあります。

またテント同士をジッパーでつなぎとめるという機能もあることには驚きです。

テント裏から手を透かしても映ることないし、シェルターとしても十分に使えるんですね^^

 

季節ごとに使用できるテントだったり、高地や場所に応じたタイプだったりと、TPOをかなり意識したテントたちが多いのも特徴です。

「格好いい」「かわいい」「広い」などテントの種類によっては様々ですけど、やはり一歩上位ランクのテントだけあってコアなファンも多いようですよ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

○ZEROGRAM/ゼログラム・ゼロ1 パスファインダー
価格:32184円(税込、送料無料) (2018/11/21時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。